アロハ。

結構ちゃんとした雑誌に特集されていた、XOXOボディオロジーの創案者のマダム・マーメイドのカイルアお天です。

さて、先日この雑誌をご覧になって私をわざわざカイルアまで訪ねてくださった、西宮の神秘的な整骨院の先生のさいの先生&そのファミリーのお話をポストさせてもらいました。

image

で本日は、その先生の施術体験のお話をさせていただきます。

 

西宮の神秘的な整骨院のサイノ先生と、私のXOXOボディオロジーには共通点がたくさんあると思います。
というか、見ている根本が同じというか、先生は整骨院つまり柔整師という立場で、治療をされます。
私はと言いますと、エクササイズしながら、自分でできることはやってしまう!自己整体です。

ともあれ、先生の治療法はまさに神秘的で、一般の方に言葉で伝えるのは、難しいとお聞きしました。

よくわかります。

私のXOXOボディオロジーもまったく同じ。

体験してもらって、初めてわかる世界。

私なりにサイノ先生の素晴らしい治療法の魅力をお伝えさせていただきたいと思います。

 

私がズバリ感じた事は、「先生の治療は、誰でもできるものでなく、指先と体の中のリズムを感じることができるひとが行う、治療。」だということです。

私のようなものが言うのは、おこがましいですが、先生の指というか手が一つのギフトですね。

 

先生の手が近づいてくるだけで、光の玉のようなものが、体に近づいてくるのを敏感な人ならすぐわかるはずです。

image

そして先生の手は患者さんの必要なところに、導かれるように置かれ、そのあと、まるで体の中をおかたづけするように、収まるところに収まるように指先を通じてやってくる先生のかすかな誘導の力によって、私の体の内部は導かれ、もつれて自分でほどきようがなくなってしまった筋肉や関節などが、そのあるべきところに、整列させてもらい、本来の位置に向かっていくのを感じます。

 

強く抑えたり、ボキボキ鳴らしたり、そういうのは一切なく、触っているのかわからないくらいの感覚の時でさえ、私のコアマッスルはまるで、大きく長くまるで木のようにまっすぐに伸びていくのを感じます。

「自分の体のなかの声が聞こえてきて、こっちこっち、ここに行こうよ!」と語りかけてくれ、それはまるで体のオーケストラの絶妙なシンフォニー(調和)へと導かれます。

 

ということは、先生は体のシンフォニーの指揮者みたいな感じですね。

先生の治療は、まさに神秘的ですが、私達治療を受ける側が、どのような気持でその治療を受けるかによって、効果は変わってくる気がします。

 

いつも、きつくもまれるマッサージや、ちくりとする針でないとという方には、最初あれ?って感じがかもしれませんね。

 

これは、私の個人的な意見ですが、患者さんのほうが先生の誘導に上手にのって、体を行きたいところに呼吸とともに開放したり、必要な場合は筋肉を引き締めてみたりすることによって、痛みの治療だけでなく、日ごろの体の使い方や癖、姿勢なども改善されるように、自然となっていくとのが当然という気がしております。

先生はもちろん、姿勢のこと、細胞のこと、アスリートとしての体の使い方なども指導されているそうです。

 

これらのことを、先生とお話しできる日を楽しみに待っております。

 

さて、今回の神秘的な整骨院の先生、サイノ先生との出会いは、今までの私がXOXOボディオロジーの中で一人で考えたり、悩んだりしていたことを、分かち合う機会であり、自分の中にあった疑問への声なき声の答えともいえました。

この出会いが、私にとっても、今まで私のところにお越しになったクライアントさん、XOXOボディオロジーのインストラクター養成コースの卒業生の皆さん、従来の治療で痛みの答えが見いだせない方々、そして現在、治療家やヒーラー、そしてダンスやピラティス、ヨガなどのボディワーカーの方々にも、ぜひ、お役に立つことを心より期待しております。