アロハ。

最近、寝不足からようやく立ち直り気味のマダム・マーメイド、カイルアお天です。

これまで、時々、皆様に糖質栄養素というものをご紹介してきました。

これからは、糖質栄養素が私の人生にどのように関わってきたか、お話しします。

 

先ず、私が糖質栄養素という言葉を聞いたのは、10年以上前。Photo Sep 07, 3 23 25 PM

ちょうどニューヨークを出て、ロスに移ろうと考えていたころです。

その頃の私は、ドメスティックバイオレンスや、差別と立ち向かいながらOL生活をしておりました。

栄養なんて考える余裕はなく、ただ生き抜いているだけでした。

 

ストレスで歯を食い占めすぎて、朝歯ブラシをねじ込まなない口に歯ブラシが入らないほど。

年齢は今よりずっと若かったけど、決して健康だったとは言えない状態。

それでも何とか、生きながらえておりました。

そんな時に、イーストビレッジのお習字の先生が「あなた、ロスに移りたいのなら、ロスからお友達が来ているから紹介してあげる。」と言われ、初めてであった日本人の方を紹介されました。DSCF0097

 

いきなり、「糖質栄養素って知ってる?」と言われ、ちょっとびっくりしたのと、その次に「体というのは60兆個の細胞からできているんだよ。」と言われ、これが私のロスへの移住と何の関係があるのかと思いながら、彼らの肌がつやつやしているので、何となくそれを見ていた気がします。

そして、その後その新しい知り合いの方が送ってくださった、テキサスからの小さな小包が届けられ開けてみたらグミベアーと白い粉の入ったボトルがあったのを今でも覚えてます。

だって、その白い粉を飲んだ時の不思議な感覚があまりにも不思議だったから。

 

その感覚とは体がふっと中から盛り上がっていくような感覚で、口では表現しがたいのですが、何か今までには味わったことのない不思議な気持ちよさでした。

 

送ってくださったロスの知り合いに電話をしたら、「細胞の周りにはマリモみたいな毛が生えていていて、その細胞の毛がちゃんとしてないと病気になるし、毛がちゃんと生えていると細胞同士のコミュニケーションがよくなり、アレルギーや病気から守られるんだよ。」と教えてもらい、「なるほど。。。何となく。細胞が元気になっている気がする。。。」と思ったものです。

 

その後、この糖質栄養素を日々取り出してから、私の人生は細胞だけでなく、いろんな意味でシフトし変化しました。

 

確か、彼らと出会ったのは9月ごろ、そして翌年の2月の節分明けにはめでたくニューヨークを卒業しロスへと移住していました。

 

平たく言ううと、私はこの糖質栄養素とそれを紹介してくださったロスの知人のおかげで、ボロボロの人生を経済的にも肉体的にも復活させてもらったのです。

 

経済面では、私の変化に気づいたブロードウェイを目指すダンサーの友人など、なぜだか当時囲まれていた体を使う仕事をする人たちが次々と私の変化に誘われるようにやってきて、この糖質栄養素を一緒に購入してくれ、おまけにその変化に感謝してくれるだけでなく、コミッションというものもいただき、気づいたら引っ越し費用までねん出できたのです。

DSCF0266

その後、いろいろあって、この糖質栄養素について今年に入るまで語ったことも紹介したこともありませんでした。

ただただ、日本の母が健康であるために時々送ったり、自分は細々と飲んでいるだけでした。

 

しかし、ハワイで今の主人と出会い、彼にこの糖質栄養素を飲んでもらっているうちにに、あまりにも彼が変化し元気になる姿を見て、やっぱりこれはすごい!と新たに革新し、今回また、皆さんにこうしてウェブやメールを通して、食べ物の重要性と糖質栄養素の可能性を知ってもらい、人生革命に参加してもらう仲間を探す旅を始めることにいたしました。

 

私が勧めている糖質栄養素はたった一つの会社しか作ることができません。

 

なぜなら、この手法は世界的な特許で作られており、この手法でなければ、先ほどお話しした細胞の周りのマリモの毛は生えないのです。

 

日本でも糖質栄養素の研究はアメリカと並び、どんどんと進みその重要性はノーベル賞受賞の先生などもお話ししています。

糖質栄養素がその効力を最大限に発揮できる形は糖鎖という糖の鎖が8個手をつないでつながった状態でないと行われないのです。

 

したがって、他社の歌う糖質栄養素には残念ながらこの8個の糖鎖での補給ができるようには製造されておりませんので、マリモの毛は生えません。

これはこの会社のが糖質栄養素のパイオニアであり、そこの特許の意味の大きさがあるのです。

 

他社は8個のうちのいくつかの糖は入ってても、8個の鎖の完璧なフォーマットによって体に吸収させる手法はできません。

この会社しかできないのです。。。

 

この糖質栄養素は日本でも購入可能ですが、ネットワークビジネスのみの販売となっています。

それには、深い理由があります。

薬大国のアメリカでは、この糖質栄養素の研究は進んではいるものの、まだまだ一般レベルでの販売には困難があることも、長年ホリスティックな活動を通してその実態を知りました。

 

Save for real

 

ということで、実は私はネットワークビジネスというものに、今まで抵抗が正直ありました。

しかし最近になってようやく、この糖質栄養素がどうしてこの方式でしか販売できないかを理解したので、ぜひ、このチームに入って自分もこの栄養革命の健康ビジネスを試してみようという気になっています。

金は天下の回り物というので、一旦は回ってきたものの現在は復活したばかりでまだまだ、お客さん募集中です。

また、この糖質栄養素の素晴らしさを一緒に語り、その体験を語っていただく仲間、そしてビジネスを一緒に構築してくれる仲間を日本、アメリカ、オーストラリアなどで募集します。

 

糖質栄養素をとってみたい方、

またもっとお知りになりたい方、そしてこのビジネスに参加していただける方、いずれかぜひご連絡をくださいませ。

マハロ